コーンズが創業したのは、江戸時代末期、文久元年(1861年)のことでした。当時24歳のフレデリック・コーンズがイギリスより来日して、同郷のパートナーであるW.G.アスピノールと横浜で事業を創めて以来、1世紀半余りが経ちました。創業当初は絹と茶を中心とした貿易でしたが、7年後の1868年には日本初のロイズ・エージェントに選任され、検査海損業務を開始しました。「物」が貿易の主流だったこの時代、保険という知的サービス業に着目したことは、コーンズの企業理念である「先進性」を象徴していると言えます。

その後も「先進性」の追求という精神はコーンズグループに脈々と受け継がれてきました。近年では、欧州より逸早く自動車、海図・海事関連書籍、キッチン用品をはじめとした一般消費財を輸入し、また海外の最先端技術を駆使したエレクトロニクス製品や酪農・農業機械を日本市場に紹介してきました。さらに、未来のエネルギー需要を支えるバイオガスプラント事業へ参入するなど、新たなビジネスも手掛けています。このように数多くのフィールドを通じて、コーンズは常に「先進性」を追求し続け、最高品質の商品とサービスを日本市場に浸透させるべく邁進してきました。

今後もこの精神を堅持しながら、お客様のより豊かな生活のために、また日本と海外の文化交流にも寄与していきたいと考えています。