"初心を忘れず"仕事に慣れてくると物事を先に頭で決めつけてしまいがちです。被害は同じでも原因や経緯は全く違うものです。同じ災害現場は絶対になく、いつも新しい気持ちで接しています。

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド
コーンズ・マリタイム
検査・海損グループ 横浜検査・海損チーム
2015年入社

現在の仕事内容

業務内容は多岐にわたっていますが、主には貨物損害保険調査や海上事故調査等、損害の態様・程度・原因を明らかにし保険会社に対しての報告書を作成すること、または輸出貨物の外観や梱包状態が海上輸送に適しているか、また本船上での積付等を検査し報告書を作成することです。

やりがい

入社してまだ間もなくても大型の案件を任せてもらえるところがやりがいです。たとえ経験が浅くても見たことのない貨物や事故であってもひとたび現場に行けば、お客様や船長からは保険やサーベイのプロとして対等に、またときには頼られる存在として振る舞わなくてはならず、そのたび、身が引き締まります。また自分の計算や発言一つで損害金額が動くことも責任を感じると同時にやりがいです。

社風・コーンズの良いところ

コーンズの良いところは、風通しのよい、何でも言い合える雰囲気だと思います。個々で案件を抱えているので共同で仕事を行うことは少ないですが、行き詰った際は経験豊富な諸先輩方がいらっしゃるので常々相談して助けていただいて、大変勉強になっています。 また横浜港のカッターレースや会社全体でのイベントなどもあり、全く異なることをやっている部署の方々とお話しできるのもコーンズのいいところだと思います。

仕事で大事にしていること

“初心を忘れず”です。仕事に慣れてくると、同じような状況だろうと先に頭で思い込んで現場へ向かってしまいがちになるのですが、被害は同じでも原因が全く違ったり保険会社によって対応が違ったりと一つとして同じ現場はないと言い聞かせるようにしています。

忘れられない仕事の思い出

最近では銅精鉱の水濡れの案件に立ち会ったのですが、金額を聞くと1つのホールドで4億円だといわれ驚いたと同時に自分の扱う貨物のインパクトの大きさを改めて実感しました。

学生の皆さんへのメッセージ

コーンズは手を挙げた人には必ず、やりたいことをやらせてくれる会社だと思います。コーンズの事業に興味をもっていただいた皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。