皆様から多く寄せられる質問にお答えします。
この他にもご不明な点などがありましたら、お気軽に採用担当までお問い合わせください。

Q語学力は必要ですか?
A採用基準としては、語学力は重視していません。しかし、ツールとして業務上必要不可欠な部門もあります。具体的には、コーンズ・インシュアランスやコーンズ・マリタイムのように、メールや書類が英語表記中心となる部門もあります。これらの部門ではTOEIC600点程度お持ちの方が望ましいと考えています。もちろん現在は語学力が不足していても入社後学んでいただく機会はありますので、積極的にチャレンジしてください。
Q海外からの留学生採用はありますか?
Aコーンズでは国籍や年齢といった制限はありません。特に留学生の採用枠を設けてはおりませんが、日本の学生と同じ選考基準および選考スケジュールにてご参加頂けますので、積極的にご応募ください。
Q応募にあたり年齢制限はありますか?
A年齢制限はありません。年齢にはこだわっておりません。
Q配属先はどのようにして決定されますか?
A面接を通して本人の希望および適性を判断したうえで、最大限皆さんの意向を取り入れた配属決定をしています。一方的に配属が決まることはなく、面接の段階でこちらから提案させて頂くなど、皆さんとのコミュニケーションを大切にすることで入社後のミスマッチを少なくしたいと考えています。
Qコーンズでは他の事業部やグループ会社への異動は可能でしょうか?
A「適材適所」を踏まえたうえで、お互いのニーズがマッチすれば可能性はあります。グループ内で様々な部門を経験することで新たな発見や成長がありますので、チャレンジしたい方は「自己申告制度」にてアピールしたり、「グループ公募制度」を利用して頂くことができます。
自己申告制度
1年に一度全社員に配布される「自己申告書」に、業務の状況や異動の希望など日頃感じていることを何でも書いて頂くものです。提出先は直属の上司ではなく、各事業部のトップおよび管理本部長のみですので、社員の実情が公になることはありません。
グループ公募制度
グループ内のポジションに空きが出た場合、その募集に応募することができる制度です。コーンズグループに在籍する全従業員が対象であり、応募に際して特段の制限は設けておりませんので、自由意志による応募が可能です。