自ら学び行動する人に対して、コーンズは多くのチャンスを与えてくれる会社だと思いますので、是非チャレンジし続けてください。コーンズで一緒に働けることを楽しみにしています。

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド
コーンズ・アドミニストレーション​​
2005年新卒入社​

希望した理由・きっかけ

新卒入社以来、モーター輸入事業本部にてフェラーリ・マセラティのマーケティング・企画広報、本社管理本部にて財務・経費の業務を経験しました。その後モーター・マネジメント室に異動し、CEO/COOへのレポート業務から予算管理まで、よりマネジメントに近い位置での仕事を経験させ​ていただきました​。幸いなことに、マーケティング、ファイナンス、アカウンティングと幅広い業務に関わることができ、​それらの分野を​より深く​学び​たいと感じたことがMBA取得を​志したきっかけです。​

大学選択の基準/理由

私が大学選考のポイントとしたのは、小さなクラスサイズ・生徒の多様性・大学のサポート体制でした。その3点を重要視し、アメリカ・バージニア州にあるCollege of William & Mar​y, Mason School of Business​への入学を決断しました。同校の大きな特徴の一つとして、Executive Partnersと呼ばれるコーチが​学生を​学内・学外問わずサポートするというプログラムが挙げられます。世界有数の企業から米軍まで、幅広い業界の第一線で活躍していたプロ=Executive Partnersが引退後に同校の学生に自らの知識や経験を共有、学生の大学院生活に深く関わる​という内容の​ものです。​同級生のみならず、このExecutive Partnersから多くのことを学べたことは、同校に入学して良かったと思うことの1つです。​

留学中のエピソード

印象に残っているイベントの1つがSuper Bowlです。アメリカンフットボールは日本に比較できるものがない程アメリカ人の日常生活に浸透している文化で、​教授が月曜日の授業開始時に必ず昨晩のNFLの試合について語る程でした。中でもSuper Bowlは国全体が盛り上がる国民的行事で、その試合をアメリカ人の友人宅で20人程集まって観戦したことは良い思い出の1つとして残っています。ルールを理解している、いないに関わらず、アメリカンフットボールを通してコミュニケーションの幅が広がったと考えています。

新たに入社される方に期待すること/メッセージ

多様なビジネスを展開するコーンズは世界的に見てもuniqueな会社だと思います。その中で、今後入社される方々が多くのことに興味を持ち、新しい価値を創っていただけたら素晴らしいことだと考えます。自ら学び行動する人に対して、コーンズは多くのチャンスを与えてくれる会社だと思いますので、是非チャレンジし続けてください。コーンズで一緒に働けることを楽しみにしています。​