グループ公募制度を利用すれば、同じ会社に所属していながら、様々な事業や職種を経験することができます。コーンズには各々の知識と経験に相応しいフィールドがあり、着実にキャリアを積むことができます。

コーンズ・モータース株式会社
青山支店 紀尾井町ショールーム(インタビュー当時)
2004年新卒入社

以前の部署

私は2004年にコーンズに入社し、モーター部門で5年間営業として自動車を販売していました。幼い頃から車が好きで、車に携わる仕事をしたいと思っていた私にとって、その最高峰と言える車を毎日扱える事は非常に魅力的で楽しかったです。5年が過ぎた頃、縁があって海図グループという部署が海外部門を強化する為、営業を募集しているという事を聞きました。私は幼少期を長く海外で過ごした為、自分の英語能力を活かしてみたいという思いもあり、海図事業という全く新しい分野に挑戦することにしました。
海図グループでは船の航海に必要不可欠な電子海図という商品をイギリスから輸入し、日本はもちろん世界中に販売するという業務です。当時私はフィリピンや香港を担当していたので、年に何度も海外出張をして現地でお客様と交渉をしたり、また仲良くなって食事を一緒にしたり、飲んだりと、自動車の営業とはまた違ったやりがいを感じられる経験をさせてもらいました。

グループ公募を選んだきっかけ

海図グループで4年半程過ごした頃、モーター部門でお世話になった上司と話をしていたら、営業を今募集しているから戻ってこないかという話を頂きました。海図グループでもデジタルチームという新しい部門が軌道に乗ってきている時期でしたし、その時にはモーター部門は分社化して「コーンズ・モータース株式会社」となっていた為、一度コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドを退職して転籍という扱いになる事に多少抵抗はあったのですが、元々車が好きでこの会社に入っていることや、お世話になった上司から誘って頂いたこともあり、今回グループ公募制度を利用してコーンズ・モータースへ行くことになりました。

現在の仕事内容

マセラティ紀尾井町ショールームで1年間営業として自動車の販売をした後、現在は紀尾井町ショールームでセールスマネジャーとしてイタリアのメーカーとの折衝を含め、店舗責任者として営業やその他のフタッフが働きやすい環境を作れるように毎日知恵を絞っています。

グループ公募でどう変わったか

私は新卒でコーンズに入社してから転職をしたことがなく、他の会社を経験したことがない為、「客観的に自分の立ち位置を見られていないのではないだろうか」「このままこの仕事をし続けて良いのだろうか」という漠然とした不安を抱えていました。そんな中、このグループ公募は、コーンズのように多種多様なビジネスを展開している会社で色々な部署を経験させてくれる制度なので、それぞれの部署での価値観や仕事の進め方を経験できて良かったと思っています。
今の部署に所属できたことでビジネスの視野と世界が広がったと感じています。

新たに入社される方に期待すること/メッセージ

私は今セールスマネジャーとして一つの店舗を受け持っていますが、この会社は年齢に関わらずやる気とがんばり次第で大きな責任のある仕事も任せてもらえます。自分が「こんなことがやってみたい。こうすれば今いるチームはもっと良くなるのではないか」というアイデアを出せば、その実現の為に労を惜しまず協力してくれる上司や仲間達が沢山います。
皆さんがコーンズで、自由な発想を持って、自分のやりたいことを実現してくれることを楽しみにしています。