コーンズの保険事業との関わりは、英国の代表的な保険会社のために保険引受の代行を始めた1864年に遡ります。(日本で最も古い旧東京海上の設立より、さらに14年も遡ります。)この引受代行業は1990年まで続きましたが、現在はこれに代わり企業分野の損害保険業務の代理店業務と損害保険仲立人業務を行っています。

日本における独立した専門家集団として、また同様に独立したブローカー・エージェントの世界的ネットワークであるAssurex GlobalやBrokerslink等の日本における構成員として、日本に進出している企業に必要なサービスを提供しています。

グローバル企業を対象とした保険分野を得意とし、長年蓄積した保険全般にわたる豊富な知識と経験を生かし、リスクマネジメントから最適な保険のコンサルティングまで、保険を利用する側に立ったサービスを展開しています。

コーンズの保険事業

コーンズの保険代理店業と保険ブローカー業についてご紹介します。